【ご注意】
ご利用のブラウザによっては文字化けすることがございます
その場合は再読み込みの繰り返しや別のブラウザをお試しください




長編


迷ってる?
高校二年の夏休み、亡くなった父親の跡を継いだ仕事は、死神。
死者の魂を天界へ送るとの事だったが、天からのお告げは意外な所から伝えられて…


いぬみみうさみみ
幻想画家・空木秀二に惹きつけられたラジオとミオ。
絵画『北天』を通して彼らが知るものは・・・


午睡
内気で絵を描く事に没頭する少女と、画家として歩き始めたばかりの青年。
一枚の絵画をめぐって揺れ動く二人の心を描いていきます。


BAND-AID BRIDGE
不思議な出来事を起こしてしまう“特異体質”に翻弄される由加。
そこから生まれる友情や恋の物語。





中編


左回りのリトル
画材店でアルバイトをする学生・野宮柾は、新入社員の空木梢子と出会った。
一風変わった梢子の言動に戸惑いながら、梢子とその父の絵に心惹かれてゆく。
1998年作。2021年に『現代版』として修正加筆。


続・橋の下の家
自らの墓場を探しに大陸の果ての町に辿り着いた『私』。
そこで『彼』と『彼女』に出会い、見出した答えとは…


雨降り星
僕、王さん、黒猫の霖。
3つの視点から彼らの日常を描いていきます。


君さえいれば
有栖川有栖氏作品の二次創作をしていた友人・諏訪野キョウコさんに捧げる、
二次創作の更なる二次創作。ドタバタラブコメディー。


橋の下の家
老いた『私』が出逢った、『彼』と『彼女』。
三人の運命は軋みながら噛み合う歯車となって回り始めた。


限りなく続く音
祖父を亡くした千夏の前に突如現れた見知らぬいとこ、草太。
千夏の忘れられない夏が始まろうとしていた。


天使とレプリカ
シロウのもとに突然預けられた介護型アンドロイド、シオを通じて、
未来を舞台に、「心」をテーマに据えて描きました。





短編


歌が聴こえる
うたたねに見た美しい夢と生きるさだめ。
『6/0』カウンタ2000hits記念作品(再掲載)


幸福論
ネットを介して出会った、孤独な二人。
忘れることが幸福なのか。思い続けることが幸福なのか。


瞳カメラ
春の朝のひととき。
『6/0』カウンタ300hits記念作品。


優しい嘘
刃物のような生き方だと君が言った。
それは自分に正直に生きることのリスクだと僕は思った。


僕の幽霊
そのひとの姿はどことなく僕らのよく知る人に似ていた。
けれど見たこともないひとだった。


再生
『私』という存在とは…。生とは、死とは…。思索する物語。


ラジオノイズ
恋人からの言葉「別れよう」。それを伝えに来たラジオと名乗る青年。
突然のことに戸惑う『私』に彼が語ったのは、恋人の過去だった。


空白遊泳
目には見えずとも、確かに、『それ』はある。
彼らはそれぞれに、孤独だった。


花火と未来
父を亡くし帰郷する僕、初恋の相手に再会した私、恋人と決別する僕。
三人それぞれの、ある夜のこと。


EMPTY
似ているようで、どこか噛み合わない君と僕。
花火の夜の前のほんのひととき。


時の卵
バイク事故で『きみ』を失った『僕』。
彼の時間はその時で止まっていた。


あたらしいひなたであいましょう
憂鬱な夏休みの始まり。私はもう絶望していた。


水滴の国
1993年に初期型をZOU3号に掲載。半分近く書き直して97年6月、翠色堂で公開。
書き直そうと思ったのは、私が書き続けている中で、私が描き出そうとするものに
もっとも近づくことのできた最初の作品であり、その意味で私の原点だと思ったからだ。





[ h o m e ]


6/0 / Copyright©2017 Aoha Sakura all rights reserved.